システム移行に関するQ&A

システムについて

Q: ログイン時のユーザーID・パスワードは変更になりますか?

A
変更はありません。旧取引システムのユーザーID・暗証番号(パスワード)を引き続きご利用いただけます。また、旧取引システムの暗証番号(パスワード)が発注時に必要な第二暗証番号となります。

Q: パソコン等の動作環境は変更になりますか?

A
旧取引システムでの推奨環境はOSがWindows7、 Windows 8.1、Windows 10で、ブラウザがIE11(デスクトップ版のみ)の組合せのパソコン、等でしたが、以下のように変わります。
◆PC
OS:Windows 7、Windows 8.1、Windows 10
ブラウザ: Internet Explorer 11.0以上 FireFox 20以上(リリース時最新) Chrome 25以上(リリース時最新)
 ※Windows 10の場合は、ブラウザEdgeの使用ができます。
 ※携帯電話は推奨環境外となります

Q: ログイン画面のURLは変更になりますか?また、お気に入りの再登録が必要になりますか?

A
ログイン画面のURLは変更となります。お気に入り、ブックマーク等へご登録されている方は、新取引システム移行後に以下ホームページの「ログイン」ボタンをクリックした画面をご登録ください。
(このホームページの上部に設置された「ログイン」ボタンから開く新しいログイン画面)

Q: 複数のブラウザ/パソコン等、端末でログイン・操作できますか?

A
できません。1台の端末からのみのご利用となります。

Q: 注文発注時に暗証番号の入力が必要になりますか?

A
必要になります。
旧取引システムでは、注文発注時に暗証番号を入力する仕様とはなっておりませんでしたが、新取引システムでは第二暗証番号の入力が必要になります。システム移行時の注文発注暗証番号(第二暗証番号)は、ログイン時の暗証番号と同じです。なお、暗証番号は変更することが出来、設定により注文発注時の暗証番号の入力の省略が可能です。(省略設定でも、最初の発注時には入力が必要です)
※設定変更は、ログイン後の画面の [お客様情報] → 設定情報 → 第二暗証番号

Q: 契約締結前交付書面の閲覧について変更点はありますか?

A
変更があります。
旧取引システムでは注文の発注時の都度、契約締結前交付書面の閲覧・確認していただきましたが、新取引システムでは、未読の契約締結前交付書面がある場合は、ログイン後にPDF形式の同書面を閲覧・確認いただくことになります。

Q: メールによるご連絡・ご案内について変更点はありますか?

A
変更があります。
旧取引システムでは、信用期日のご案内、入出金の完了、Web画面からの申し込みや手続完了等をメールでご連絡いたしておりましたが、新取引システムでは、これらのメールによるご連絡をいたしません。ログイン後の画面でご確認いただく方法となります。何卒ご了承ください。

Q: 市況情報を得る機能はありますか?

A
新取引システムでは、市況ニュース等をご覧いただくことができます。 ログイン後の画面[市況・情報] → マーケットニュース よりご覧ください。

Q: 株式スクリーニング機能はありますか?

A
新取引システムでは、スクリーニングで株式を検索することができます。
ログイン後の画面[市況・情報] → 株式スクリーニングよりご利用ください。

手続きについて

Q: 出金の申し込み締め切り時間・出金スケジュールに変更はありますか?

A
変更となります。旧取引システムでは、10:30までの出金申し込みを13:00過ぎにご登録の振込先銀行口座へ送金しておりました。新取引システムでは、営業日の14:00までの出金申し込みを、翌営業日にご登録の振込先銀行口座へ送金させていただきます。また、出金申し込み時に、先日付の出金希望日を指定することができます。

Q: お客様情報(住所・氏名/名称・届出印・振込先銀行口座)の変更手続きに変更点はありますか?

A
特に大きな変更点はありません。ログイン後の画面[お客様情報]より変更が必要な項目の書類請求のリンクをクリックして、お申し込みください。

Q: 電子交付サービスを利用しない取引に変更できますか?

A
新システムではすべてのお客様に電子交付サービスをご利用いただき、交付書面等の参照をいただいております。ただし取引報告書、取引残高報告書面を電子交付せず、郵送で受け取るサービスをご選択いただくことが出来ます。
※ログイン後の画面[お客様情報] → 設定情報の電子交付よりご変更ください。(ただしこの場合、株式等の委託手数料が高くなります)

取引全般について

Q: 手数料体系に変更はありますか?

A
変更があります。旧取引システムでは、1日の約定代金合計額で手数料が決まる1日定額制の手数料体系のみですが、新取引システムでは、1注文ごとに手数料が決まる個別注文の手数料体系も新たに加わります。いずれかお好みの手数料体系を選択いただく事ができます。
※手数料のコース変更は、ログイン後の画面[お客様情報] → 設定変更の手数料コースよりお申し込みください。

Q: 注文の発注可能時間に変更はありますか?

A
変更があります。新システムでは、大引け後の15時~16時ころ、および深夜3時30分~朝6時45分にデータ更新を行うため注文をお受け出来ない時間帯となります。

Q: 出合注文の発注可能期間に変更はありますか

A
変更があります。旧取引システムは当日より5営業日先まで発注可能ですが、新取引システムでは、当日より10営業日先まで発注可能となります。なお、注文を翌日に繰り越すための値幅チェック(繰越処理)が、毎営業日17:40~18:00、翌03:00~06:00の間で行われ、注文単価が制限値幅を超える指値となった場合は、その注文は失効となります。

Q:逆指値注文はできますか?

A
発注できます。注文入力画面で逆指値をご選択ください。逆指値の詳細については、こちらをご覧ください。

Q: ダブル注文(通常+逆指値)はできますか。

A
発注できます。注文入力画面で通常+逆指値をご選択ください。ダブル注文(通常+逆指値)の詳細については、こちらをご覧ください。

Q: 発注した注文(親注文)が約定したら予め予約してある別注文(子注文)が執行される予約機能(連続注文)は?

A
発注できます。連続注文の詳細については、こちらをご覧ください。。

Q:ストップ高・ストップ安の社内配分ルールに変更はありますか?

A
変更となります。旧取引システムは数量優先で配分でしたが、新取引システムでは、時間優先で配分いたします。

Q:特定口座開設後は注文ごとに特定・一般を選択できますか?

A
現物取引についてはできます。旧取引システムでは、特定口座を開設している場合は、現物・信用ともに特定口座での買付のみできましたが、新取引システムでは、特定口座を開設している場合でも現物取引については、買いの注文時に一般の選択が可能です。信用取引についてはできません。

Q:データ更新によるサービス停止時間に変更はありますか?

A
変更となります。新取引システムにおけるデータ更新によるサービス停止時間は、午前3:30~午前6:45でログインを停止させていただきます。

弊社e支店のホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品によっては、投資元本を超える損失が発生することがあります。各ページに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、弊社e支店のホームページの当該商品等の取引ルール、契約締結前交付書面またはお客様向け資料などが掲載されたページに記載されておりますので、当該ページより内容をご確認ください。

ページトップヘ